ブログタイトルトップ → - → スポンサーサイト
Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
ブログタイトルトップ フィリピーナ マ○○2 → ヒサシブリのM
ヒサシブリのM
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
昨夜は、以前の仕事仲間(今は同系列の別会社)っていうか、後輩と一緒にお酒。
最初、焼き鳥屋さんでお腹を満たした後、当然のようにフィリピーナの居る・・・

最近、全然連絡もしてないMにヒサシブリに電話。
「あ〜〜、ヒサシブリなイカウ。
  ほんとに冷たいダカラ。
   アコまってたよ、イカウのこと・・・。」
お仕事、相変わらずうまいですね。

「ああ、今日はお酒飲んで・・・イカウのお店行こうと思って。
  場所、どこだっけ?」
「うんとね・・・  
  駅前の、つけ麺大王の近く・・・。」
「うん〜〜と、今駅前なんだけど・・・」
「イカウ、一人か?」
「ううん・・・カイビガンと一緒
  2人だよ。」
「え〜〜、イカウだけじゃないの?」

おいおい・・・仕事でしょ、イカウ。
人数多いほうがいいんじゃないのか?

「だって、あまいあまい出来ないでしょ・・・。」
あ、そ^^


「え〜〜わかんないよ。
  どのお店?名前は??」
「PHE・・・・・・・・・・」
「ないよ!!!」
「まって、じゃあ近くのセブンイレブンに居て。
  アコ、行くから・・・。」
「ああ・・・」

しばらく待って、道の反対側からフィリピーナの懐かしい声。
で、合流してお店に。
少し小路を入った奥まったところにある、小さなビルの2階。
これじゃあ、見つからないな・・・

エレベーターであがる。
お店に入り・・・・・・
   ・・・・!?広いな〜〜〜。
  結構広いおみせだが装飾はほとんど無く・・・なんか、がらんとしてる。

その上・・・・あれ?
  フィリピーナは???

すぐにやってきたママさんに聞くと・・
「きょうは、みんなお休み。
  お客さん居ないから、ネ。」
「いや、居ないったって・・・・ね。
  ママと2人じゃあ・・・もういっぱいいっぱいじゃない・・・」
「いいの、気にしないで。
  カンタカ!!(歌ってよ)。」
「あよこ〜〜。」


隣に座ったマ○。
すぐにすりすりと・・・・
そのうち酔っ払ったのか、同じことを繰り返し言い始め・・・・

あらら・・・よっちゃった^^

それから、私のひざの上に突っ伏し・・・

「なあ、イカウ大丈夫か?」
「うん・・・大丈夫。
  ヒサシブリだから。イカウ。
   会いたかったよ〜〜〜〜。
   イカウのせいだよ、アコが酔っ払ったのは・・・」
「そう?」

「・・なあ、このあとどうする?」
「どうするったって・・・・
  明日会社だから、帰るよ。」
「シゲナ〜〜、アコと一緒に・・・・・」




ちゃあんと行きましたよ。翌日、会社には。





フィリピンパブ統括マネージャーが明かす。フィリピーナを口説き落とす特殊な手口とは?




| valerius77 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログタイトルトップ フィリピーナ マ○○2 → 久しぶりのフィリピーナマ○○からの電話
久しぶりのフィリピーナマ○○からの電話
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
土曜日、 朝10時。

今日はようやく長い1週間も終わり、休日。
リアの居なくなった寂しさをどうにか騙し騙し、いつもの朝を迎える。

既に8時には目がさめ掃除や洗濯も済ませた。
ぼ〜っと朝のテレビ番組を見ている。

リトアニアの芸術家家族の紹介。
ん〜〜奥さんが綺麗だ。



ふと、携帯を見ると コール。
1リング・・・・・

   ・・・・しばらくして、長いコール。

フィリピーナのマ○○だ。


コールが終わるのを待って、こっちからかける。
すぐに出た。

「・・・・・おはよ・・・・
   元気??」
「ん・・・・・
   元気ないなあ・・・」
「どうして?」
「だって、イカウ居なくなったから・・な。」

マ○○の居たお店が2ヶ月前に閉店。
リアが日本に来てることもあり、連絡はしていなかった。
お店のサヨナラ にも行かなかった私。
彼女と連絡がつくことはもう無いとあきらめていたのだが。。。


「ふ〜〜ん。
  ほんとか?

  ・・・・彼女は?」
「え?
  シノ?」
「イカウのアサワ!!!」
「居ないよ、イカウでぃば。」
「イカウのショータだよ。」
「・・・・・・・・フィリピン居るよ 。」
「・・・・・そうかあ・・・・
   今は?一人なの?」
「おお。。」


「・・・・・元気?・・・・・」
「元気ない。
   イカウに会ってないから・・・な。
   トラバホは?
   前のお店無くなってどうしたの?」
「うん・・・
  別のお店。
   ・・・西口の・・・・スナックだよ。
   知ってる?大きいホテルのあるところ・・・」
「・・・ああ、その辺かあ・・・・」


それからしばらく世間話。
お店に来て!!とは最後まで言わなかった。
「アコ、眠いから・・・・ふわあ〜〜〜〜〜
  またね。
   イカウ今日はどこかに行くの?」
「ヒンディ、バハイラン。」
「じゃあ、ママヤ電話するから。」

フィリピーナスタイル。
またいつ電話かかってくることか・・・・・。





| valerius77 | 10:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブログタイトルトップ フィリピーナ マ○○2 → フィリピーナ マ○○の魅惑
フィリピーナ マ○○の魅惑
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
夕方、マ○○に電話。
「今日、まだ何時仕事終わるかわかんないよ。
  イカウ、同伴は?」
「おお、まだわからない。」
「ああ、できれば他のお客さんとしてな。」
「わかった〜。
  探して見る。
   トラバホ終わったら電話してな。」
「ああ、じゃママヤ。」

今日は以前からマ○○にお店来るように指令されていた

   ランジェリーデイ。

マ○○の ランジェリー 姿に興味が無いと言えば嘘になるが、なんとなくキモチが乗らない。
それよりも、ここのところやらなくっちゃあならないことが、仕儀もプライベートも 目白押しになっており、少しキモチがオーバーワーク気味。
決して、現実はオーバーワークではまだまだ無いのだが。。。

で、気合を入れて仕事を終わらせたのが19:00頃。
携帯を見ると6時頃にマ○○から1リングあり。
同伴相手が見つかったのだろう。
とりあえずマ○○に電話する。
「同伴してるか?」
「おお。」
どうやら、うまく行ったようだ。
トイレの中に居るようで、声か響く。
相手のお客さんを気にして電話するところなんて、今時の フィリピーナ にしては珍しい行動。
マ○○を見てると、昔のタレントフィリピーナの姿をよく思い出す。
「アコ、何時に行けばいい?」
「うん〜〜とね。
  お客さん8時にはお店行くから・・・・」
「あ?
  アコの時はいつも9時半でぃば。
   バキット?」
「だって、イカウは別だよ。
  今の相手はお客さんだけでぃば。
   ご飯だけ。
    早くお店行くよ。」
「あ、そうか。」
「じゃあ、今のお客さんは1セットで返すから・・・・・
   10時くらいかな。
     イカウ、準備してて。」

・・・準備してて!って言われても・・・・特に何にも無いんですけど・・・
「なあ、イカウ ポギな格好してきてな。
  この前ご飯食べたときの スーツスタイル 、すんごくよかった。
   みんなに見せたいよ!!!な!!。」
「だ〜〜めだよ。
  バハイ帰ってゆっくりしてるから。
   それに今日は雨降ってるから・・・・な。」
「うん〜〜〜もう!!!
  わ〜〜〜かった〜〜〜よ!
    じゃあ、ママヤな。
     お客さん帰ったら電話する!!」
「はいよ。
  同伴頑張ってね。」

ということで、夜のお店到着となった。
一度帰宅して、自分で夕食を作り、食べる。


| valerius77 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログタイトルトップ フィリピーナ マ○○2 → フィリピーナ マ○○の誘い
フィリピーナ マ○○の誘い
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
今日も夜10時に フィリピーナ  マ○○から1リング。
最近、私がリコールするのが解ってきて、1リングするようになった。

「お〜〜い、イカウ元気か〜。」
「ああ、元気だよ。」
「なあ、ブカス同伴な。」
「だめだよ〜〜、トラバホ何時に終わるか解らない。
  トラバホ終わったらいくよ。」
「え〜〜、何時?」
「う〜〜〜ん、8時くらいかな。。。。
  まだ解らないよ。」
「絶対来てナ、待ってるから。」
「はいはい。
  イカウ、 ランジェリー は?」
「おお、あるよ。
  赤いの、な。」

・・・・すんごい色選んだな・・・・・


| valerius77 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログタイトルトップ フィリピーナ マ○○2 → フィリピーナ マ○○を誘惑
フィリピーナ マ○○を誘惑
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
月曜日。
今日は朝から仕事が忙しかった。
夕方、客先へ行き納品。
5時だ。

これから、予定していた別のお客さんのところを廻る・・・・
  ・・・・気力が・・・・・尽きた。

携帯 を取り出し、何の考えもなくマ○○に電話。
出ない。
まだ仕事か・・・・。
銀行に行き、フィリピンへ振込み。オカネを送る。
毎月の給料日の儀式だ。
これで、 フィリピン の彼女と家族が食える。

携帯を見ると、マ○○からの1リング。
すぐに電話。
出た。
「どうした〜〜、イカウ。」
「もう仕事終わったの?」
「おお、今帰ってきたばかり。」
「・・・・・なあ、マ○○
   ご飯一緒に食べない?」
「え〜〜!これから・・・・
  ・・・・いいよ。
  アコのところに来るか?
  近くのお店で食べる、な。」
「ああ。」
「じゃあ、アコこれからシャワーするから。
  イカウ、K町に帰ってきたら、電話して。」
「わかった〜〜〜。」

と、電話終わった途端に仕事の電話。
「え?これからO町?
  はい・・・・ええ・・・」
急遽お客さんのところへ良くハメに。
せっかくマ○○ちゃんとの夕食・・・リザーブしたのに・・・

ここはもうダッシュで電車に飛び乗り、お客先へ。
用件を30分で切り上げ、6時半には フィリピーナ マ○○の待つK町へ帰ってきた。
早速電話。
「ああ、帰った?
  じゃあ、H町まで電車で来て。
   そこから一駅だよ。
    アコのアパートのまん前!!!」
「わかった〜〜〜。」

駅前に着き、待つ。
携帯を見ていると、道の向こうから呼ぶ声。
「ほ〜〜い。」
そういいながら、手を振っている。
ジーンズに タンクトップ
相変わらずのセクシーな服装だ。
魅惑のフィリピーナ って感じ。

近くのステーキハウスで食事。
向かい合わせに座って食べるのが、少し気恥ずかしい。
「イカウ、何考えてるの?」
「ん??
  え〜とね。
   イカウのス○。
    それとキ○。」
「タンガ〜〜〜!!!」
そんな他愛もない会話をして1時間ほど。
「マ○○。
  もう仕事でしょ。」
「うん・・・アコ疲れたから、少しバハイで休んでから行くよ。」
「じゃあ、出るか?」
「うん。」

マ○○のマンションの前まで行き・・
「じゃあ、またね。」
「うん・・・ありがと。
  帰る道わかる?」
「ああ、さっきイカウが教えた道
  ずっとデレッチョ行けばいいんでしょ。」
「うん。。じゃあ気をつけて。」

わたしのほうを向いて、小首をかしげる。

思わず、キス。



「じゃあ、ママヤお店行ったら電話するから、ね。」
「ああ、今日はありがとうな。
  また・・。」



帰り道。
初めての道を彼女に教えられたとおりに歩く。
先ほどの会話を思い出す。
「なあ、マ○○。
  イカウはアコのことどう思う?」
「まだ、わからないよ。
  それに、イカウはまだショ〜タ居るでしょ。」
「うん、でもイカウのことはいつも考えてるよ。」
「ほんとに!?」
「イカウ、お金持ちのお客さん作って、はやく結婚すれば楽になるでぃば。」
「やだよ、アコはイカウがいい。
  でも、イカウはファミリーあるから、な。
   フィリピンにもショータ居るし。

  ・・・・オカネじゃあないよ、オカネは少しでいい。
  ・・・・必要なのは「愛」だよ。」

| valerius77 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

ライブチャット情報

★☆ロシアンガール☆★
■プリビエット


★☆フィリピーナ☆★
■Angel World

■ローズガーデン
ロシアンガールも多数在籍中!

■おとなの時間


Entry

Category

フィリピーナともっと楽しく!

■TSPPK パーフェクト教材
フィリピンパブ統括マネージャーが明かす。フィリピーナを口説き落とす特殊な手口とは? 一体?!

■あなたの愛したフィリピーナは真実を封印しています!
彼女の愛が真実なのか、貴方は不安になることはありませんか?

■フィリピーナとの付き合い方 Q&A100
あなたは フィリピ−ナの彼女に本当に愛されていますか?騙されていませんか?都合の良いお客さんで終わっていませんか?

■フィリピーナ恋愛術
フィリピーナと恋人になれる人、都合の良いお客で終わる人、その違いとは・・・・・

Profile

ランキング登録

フィリピン系ホームページランキングサイト!!
フィリピン関連サイトランキング

 
BBS7.COM
MENURNDNEXT


Link

フィリピーナ検索


Search

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM